社員紹介

ナンブ精工は、明るく熱意のある若い人材が多く、社内の営業職と歯科技工士との連携も密で、協調性を大切にしている会社です。
互いの思いと技術を共有し、仲間と共に目標を達成できる人、プロフェッショナルとして自身を磨きあげ成長したい人、業界の新しい時代を切り拓く集団で自らの進化を目指していく人、世の中を変えていくことに、夢中になれる人を求めています。

歯冠修復クラウン課
菅井大博

入社:2009年4月 出身:大阪府

歯冠修復クラウン課

略歴

新大阪歯科技工士専門学校を卒業後、2009年4月に新卒採用で株式会社ナンブ精工に入社。入社後は、歯冠修復クラウン課に配属。

― 現在ご担当されているお仕事内容は?

現在の主な仕事内容は、保険技工全般になります。一日の仕事の流れは、出社後に朝から始める仕事の段取りを行い、朝礼を行い、掃除を行います。その後、お昼休憩までに金属の研磨を行い、レジン作業を行います。そして、午後から夕方頃までに、形態修正を行い仕上げにかかります。夕方からは、翌日に研磨するパターンをとります。また、仕事の合間で後輩に仕事を教えたりしながら、一日の仕事を終えます。

― 入社を決めた理由と、入社して感じたことは?

ナンブ精工だけでなく他の技工所も見学しましたが、ナンブ精工は社内がダントツでキレイでした。そして、福利厚生制度もしっかりとしていたので、働く環境が整っていると感じました。
専門学校にいる頃から、現場での経験を積みたいと考え、入社する約1年前から週4回アルバイトをさせてもらっていたのですが、その時に先輩から、「自分に与えられた仕事をしっかりとできたうえでの話だけど、自分からチャレンジしてみたいと思ったことは、やってみたいと言えば、チャレンジさせてもらえる環境はあるよ。」と聞きました。自分がチャレンジしたいことができるということは、自分を磨いていきたいと考えていた私にとってすごく魅力的でした。
ただ、実際に入社してしばらくの間は、想像していた以上に色々な意味で余裕を持てませんでした。しかし、時間が経つにつれて少しずつ仕事にも人間関係にも慣れてきて、数年かかりましたが自分がチャレンジしたいことも少しずつできるようになっていきました。
人間関係は仕事をしていくうえですごく大切だと感じました。私の場合は、この人はどんな人なのだろうと興味を持つことが好きですので、相手の話はよく聴き、会話をする時は仕事以外のプライベートな話もしていました。その中で、相互理解ができて、人間関係もできてきたのだと思います。

― 入社して「成長した」と感じていることは?

歯冠修復クラウン課

社会人としてのマナーなども含めて、人間力を向上させてもらえているとすごく感じています。仕事に関してはまだまだだと感じていて、もっと色々なことを伸ばしていかなくてはいけないと思っています。例えば、常に意識して取り組んでいる時間へのこだわりですが、もっと経験を積んで時間を生み出せるようにしなければいけないと思っています。

― 仕事で大切にしていることは?

どれだけ自分が忙しくても、頼まれた仕事はたとえ雑用であっても、どんなことでも仕事ですので、すぐに行うことを大切にしています。それは、仕事というものは各々の役割分担があるチームワークですので、相手に迷惑をかけないようにしたいからです。
あとは、人間関係を築いていくうえでのコミュニケーションです。私の場合は、周りの方から思われている自分自身のキャラクターも理解しながら、コミュニケーションを取るようにしています。

― ナンブ精工の魅力とは?

技工所としてこれだけ人数が多く、仕事でもたくさん経験が積めることは、すごく胸を張れることだと感じています。

― この仕事を通じた将来の夢をお聞かせください

歯冠修復クラウン課

業務時間内で、できる仕事量をもっと増やせるようしたいです。そして、現在担当している保険技工以外の仕事も、業務時間内で普通にできるようになりたいという気持ちがすごくあります。

― 一緒に働きたいと思う人物像は?

どんなことにおいても、面倒だからもういいやというようなスタンスではなく、はっきりといいものはいい、だめなものはだめだと言えるような、自分をしっかりと持っている人と仕事をしたいです。また、仕事ではチームワークが重要になってきますので、自分の仕事だけをすればいいと考えるのではなく、周りの人たちとフォローし合いながら仕事をするという考えを持っていることは大切になります。

― プライベートはどのようにお過ごしですか?

寒くなるまでは野球、冬はスノーボードをしています。野球は小学校時代からやっていまして、地元でチームをつくり毎週のように活動しています。スポーツをするのが好きなんです!

― 就職を希望される方へのメッセージをお願いします

社会人として働くことも、技工士として働くことも初めてだと思いますが、自分から積極的に聞けば教えてくれる先輩ばかりですので、何でも興味を持って勉強をして、自分を向上させてもらいたいです。

※個人情報保護の観点から、仮名にて掲載しております。

※当時の部署・所属を掲載しております。

社員紹介に戻る